きれいな文章はNG!

_shared_img_thumb_PP_englishrose_TP_V01

 

アフィリエイトをする媒体での文章は、

相手に伝わればいいので

難しい言葉でなくてもよい。

と言われています。

 

堅苦しい言葉よりも

フレンドリーな言葉。

 

文豪のような文章よりも

小学生が書くような文章。

 

そういったモノが好まれるようです。

 

 

つまりは、

 

「文章をきれいに書かない」

 

ということです。

 

 

きれいな文章とは?

 

「きれいな文章」と聞いて

あなたはどんな文章を思い浮かべますか?

 

  • 丁寧な言葉選び。
  • 季語が入っている。
  • 気品を感じる。

 

こういった要素のある、

上司や目上からの手紙や

詩集あたりを思い浮かべませんか?

 

 

そういったモノって

読んでいるときは印象に残るけど、

時間が経つと内容を忘れてしまうものです。

 

とくに興味がない文章や

なんとなくで読んでいる文章なんかは

記憶に残りません。

 

 

基本的に

きれいな文章には

書き手の思いや感情が

入っていないことが多いです。

 

 

アフィリエイターは

相手に行動してもらうために

文章を書きます。

 

 

行動させるためには、

相手の感情に訴えかける必要があります。

 

人は思考して動くのではなく

感情で動くそうです。

(心理法則のひとつ)

私は心理学を学んでいないので

詳しくは説明できません^^;

 

 

例えば、

人を中傷する文章で

 

 

  • 実際にあったことを箇条書きにした文章。

 

  • 書き手の感想が入った文章。

 

 

どちらの文章で

嫌な気持ちになりそうですか?

 

 

おそらく、

感想があった文章に

不快感を覚えると思います。

 

それは

感情の込められた文章を読むと

読み手の感情も刺激されるからです。

 

 

そのため、

書き手のわたしたちが感情をおさえた

きれいな文章を書いてしまうと、

読み手の感情もおさえられてしまい、

 

結局は行動してくれなくなります。

 

 

自分の感情をおさえずに

気持ちや思いを書いていけば

読み手も感情によって

動いてくれるようになります。

 

 

買ってください!!←×

 

「気持ちや思いを書こう」

と言いましたが、

 

稼ぎたい!

買って!

儲かりたい!!

 

なんて感情だけは

表に出さないでください(汗)

 

 

「私は儲かりたいので、

買ってください!!!」

 

こんな文章では、

 

「ふざけるな」

 

といった感情しか湧きませんよね(笑)

 

 

 

勘違いされると思って

最後に書きましたが、

 

そんな勘違いする人いませんよね^^;

 

 

 

 

 

・・・・・・いませんよね?

 

 

Comment

  1. めいこ より:

    箱山さん、こんにちは。
    めいこです。

    書き手の感情が入っていない文章は
    いくら書いても意味がないですよね。
    多少の文章がおかしくても読み手に
    残る文章を書くためには綺麗な文章じゃなくて
    感情や思いを込めないといけないと思います。

    ただ、買ってくださいとかはNGですね(^_^;)
    人は売り込まれるのが苦手なので
    それをやってしまうとかえって逆効果なので
    そういう言葉を使わないで伝える方法を身につけていかないと思いました。
    応援完了です。
    また来ます。

    • 箱山 箱山 より:

      めいこさん、
      コメントありがとうございます。

      始めたばかりの時は、
      なぜか製品の説明だけ書いていました。
      書けば相手が動いてくれると
      勘違いしていたと思います。

      今考えると、
      どうしてそんな風に思っていたのかが
      不思議です。

      さすがに、買ってくださいは
      ストレートすぎですよね^^;

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

プロフィール


サイトの管理人

名前:箱山

性別:男


脱負け組を目指し、
知識ゼロの初心者から
アフィリエイトを始めた
30代のおっさんです。


応援ポチお願いします。



皆様のおかげで
1位を獲得することができました。
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

本当の自由とは

おすすめポイントサイト

▲トップへ戻る